「頑張らない」と「無理をしない」

「頑張ってね」という言葉をよく使うし、よく言われています。

励ましの言葉でもあるし、ちょっとした挨拶に使われることもあるようです。

だから、言われても、大きな荷物を背負ったような圧迫感を感じることはさほどないし、ふんどしを締め直すように肝に銘じるほどのことを感じることもない一方で、

この「頑張れ」は、メンタルダウンしている人に対しては、『禁句』なんだそうです。

今まで自分なりに精いっぱい頑張ってきて、それで今、疲れてしまっているところ、まだ、もっと頑張れというのか!と、プレッシャーを与えることになるということらしいです。

そこで、大分疲れ気味の友人に、励ましの言葉を送ろうと思った時、散々思案した結果、「無理しないでね」と言ってみました。すると、今度は、「無理しないとやっていられない」という言葉が返ってきてしまいました。

もはや頑張れない人が、無理して大丈夫なのかな?と思いました。正直、これはまずいと思いました。

そこで、次の機会に、「無理しすぎないでね」と言ってみました。すると、こくりと頷いてくれました。頑張れない人は、無理をするが、無理しすぎには用心した方がいいのかもしれません。

この線引きを体感しながら生活に臨まれることを願うばかりです。

次の記事

「言葉」で悩む