シャンプーハット

シャンプーハットというアイディア商品をご存じでしょうか?

円盤のような形をしていて、シャンプー時に頭に“のせる”、というか“はめる”と、髪を洗っている時に、顔に水や石鹸が流れてくるのを食い止める堰のような役目をはたしてくれる優れものです。

お顔のできものを切除する処置をして、外出を控えている友人から、洗髪するためにシャンプーハットを買ってきてほしいと頼ました。100円ショップで簡単に手に入るものと高をくくって安請け合いしました。ところが、なかなか見つからないのです。

あるお店では、「うちには置いていません」と一蹴されました。次のお店では、店員さんが、シャンプーハットなるものをご存じなく、形状や使い方など、説明したのですが、今一つ、理解されませんでした。が、暫く考えた後、その店員さんは、「あっ!」と閃いたように、お店のどこかへ消えて、間もなく戻ってきたその手には、シャワーキャップがありました。自分の説明不足を棚に上げ、かなり驚きと落胆の表情を隠せませんでした。

やむなく、規模の大きいホームセンターへ行き探しました。そこの店員さんも大変親切で、あちこちの売り場に電話をかけ、確認してくださいました。電話口の向こうの店員さんへの説明は、連想ゲームのヒントを出しているようで、隣で聞いていると、吹き出しそうでした。結局、あったのです。「介護用品売り場」に。

子供の頃、ケガの多かった私は、顔にも傷を負うことが多く、シャンプーハットには、頻繁にお世話になったものです。

今では、介護用品売り場に並ぶ商品になったのかと、驚きと同時に、やっと手にしたこの画期的発明商品に愛おしさを感じながら購入しました。

前の記事

会話は面白い

次の記事

心と身体の豆知識 10