最後の年賀状

年賀状離れが進んでかなり年月が経っています。

私自身の例でいえば、だいぶ前のことになりますが、社内の方への年賀状は遠慮しあいましょう、から始まりました。この時、年賀状の購入枚数はかなり減りました。次の山は、友人からの新年の挨拶が、メールに変わったことです。そして次の山は、年末ぎりぎりまで忙しい日々を送っていた時、というと聞こえがよいのですが、実のところ、だいぶ無精になって、年末までにポストに投函することが間に合わなくなった頃です。必要と思われる枚数の年賀状を購入こそしてはいましたが、こちらから出し遅れてしまったために、私に送ってくださった方へのみ、返信という形の賀状を書くという方向へ変わっていきました。相手も、察するところがあると見えて、その翌年頃からは、こちらからの年賀状が届いたら出そうと思っているかのような、「どちらが先?」という具合になってきました。両者譲らず、結局、何とか“松の内”には、交信が済むという状況でした。

そして、今年、いよいよ、「本年をもって、新年のご挨拶を失礼いたします」という文面を印刷して、全員から親戚関係数枚を除く残り全部に出しました。中には、今後会うことはそうないだろうと思われる知人がいました。中には、「〇〇会」のような懐かしい人々が集まる会が催されたら、もしかしたら会うかもしれないと思われる知人もいました。中には、毎年必ず会って、近況を報告しあったり、他愛ないお喋りをしたりすることになっている友人もいました。これら全員へ、最後の年賀状を書きました。ただ、すべての文面に、「折に触れて手紙やメールで連絡とりあいましょう」と一筆添えました。

これでいいのだ、こうして時を重ねていくのだ、と自分に言い聞かせながら、ポストに年賀状を投函して、どことなく寂しい気持ちで、いつまでもポストの前に佇んでいました。

前の記事

心と身体の豆知識 11

次の記事

心と身体の豆知識 12