梨といえば長十郎

私の幼少期の記憶では、「梨」といえば、「長十郎」でした。

飾りのない甘さ、繊細さが感じられない、味も舌触りも大ざっぱな感じで、ゴリゴリした食感がたまらなく美味しいのです。大好きな果物でした。

それから長い年月が経ち、最近、長十郎という品種の梨をとんと見かけなくなっていることに、はっと気づきました。梨の最近の主流品種から外れてしまったのでしょうか。

今年に限って何故か、長十郎が無性に恋しくなり、食べたくなりました。

何としても食べたい欲求はおさまらず、探しました。

もはや、郵送を予約する時期は過ぎているため、ゲットするには、もぎとり時期に梨園に行って、自らもいで購入するしか手立てはありません。

見つけました! 神奈川県川崎市の果樹園に、間もなく、その時期がやってくることを。

勿論、行きました。

そして、ゲットしました。

みずみずしくて甘くて美味しい。そうそう、この食感、この味。カンカンに冷えていると最高。懐かしくて涙が出ました。

来年は時期がきたら直送してもらえるよう、早々に手続きしようと思っています。

前の記事

合格

次の記事

心と身体の豆知識 1