涙もろくなった

人の善意、善行を目の当たりにすると、ウルウルするようになってきました。

先日は、電車に乗ろうとして、私は、開くドアの端のホーム側に立っていました。

ドアが開くなり、若いママに手を引かれた幼児の脚が、電車とホームの間にスポッと落ちてしまいました。ママは、子供を引き上げようと必死になっていました。

その矢先、電車から降りようとして後ろにいた若いアベックの男性の方が、ホームと電車の間に腕を突っ込んで、幼児の脚を引き上げました。

その男性と連れの女性は、特段の事はなかったように、にこやかに微笑み合って去っていきました。

幼児は、ママに「何やってるの!」みたいなことを言われながら、半ば引きずられるような状態で改札口に向かっていきました。

私は、このワンシーンが、微笑ましすぎて、ウルウルしながら電車に乗り込み、窓の外を眺めながらずっとニコニコしていました。

またある別の日は、通勤中の朝方、救急車がサイレンを鳴らしながら走行してくると、近くにいる車が、一斉に道路の隅に寄って止まり、救急車が走り過ぎるのを待っている光景を見て、ウルウルしていました。

法律で定められている通りにしているだけかもしれません。当たり前すぎる行為のはずなのですが、私は、この善意に満ちた美しい光景に感動してウルウルになるのです。

些細なことにも感動する自分を嬉しく思い、些細なことにウルウルする自分に呆れてもいます。

前の記事

桜満開

次の記事

洗濯物にたかる虫たち