雨宿り

雨降りが多いこの頃、

いつも通る駅前で、信号が緑に変わるのを待っていました。

傘はもっていたけれども、近くの建物の軒先を借りて、

しばし立ち尽くしていました。

すると、見慣れているはずの目の前の景色に圧倒されたのです。

何ということのないビル群なのですが、

ただ通り過ぎている時には気づかなかった圧力で、

私をジーと眺めているビル群がたちはだかっているのです。

これは新鮮な感覚でした。

いつもの歩き慣れた道で、ふと雨宿りしてみて、

目の前の景色をつくずく眺めてみると、

いつもと違う感覚に出会えることがあるという面白い体験でした。

前の記事

街のにおい

次の記事

沈丁花